芸術振興策を求めてⅡ

 メモ  写真 動画  E.鈴木&墨絵展 芸術振興策 

国際幸福デー」の3月20日 、国連は、「世界幸福度ランキング2017」発表した。
日本は先進国で最下位の51位。「金はあり健康、不寛容で汚職が多い」との
イメージであった。かつては「Japan as Number One」などと担がれた時代もあっ
たが、幸福度をGDPなどの客観的経済指標ではなく、「Well Being」という人間
の主観的幸福感こそが重要だとの国連当局の判断によるものである。
 「人はパンのみにて生きるにあらず!」 人の幸福には物も必要であるが、心の糧
はもっと必要である。今、日本はそのような意味において、文化的危機の真っ只中った
だ中にある。 人々の心に潤いを与えるのは文化であり、芸術である。
 ただ論ずるだけでは無く今や、具体的行動が必要である。
 貧困な日本の芸術の現状を憂うる同志の皆さまと胸襟を開いて
語り合える場を設定致しましたので、万障お繰り合わせの上、ご参席賜りますよ
うようご案内申す上げます。

日時:2018年4月3日(火)午前10時~12時
場所:鈴木エドワード建築設計事務所

  
〒106-0031 東京都港区西麻布 3-19-10 ケヤキハウス 101
  Tel:: 03-5770-5395 アクセス:http://edward.net/access/
  日比谷線 六本木駅 1a 出口から、徒歩10分
  バス:渋谷駅:51番乗り場10分乗車Xシアター前下車すぐ。

定員:8名  
 
1、鈴木エドワード(建築設計士) 2、伊勢桃代(国連OB) 3、ワダエミ(衣装デザイナー) 
 4、一色 宏(
ロゴ・デザイナー) 5、抱 晴彦(劇団グスタフ社長) 6、渡邊宰希(女優・脚本家)
  7, 森井香衣(詩人)   8、大脇準一郎(
国際企業文化研究所所長) 9.杉山将輝(映像制作会社社長)