永久平和への道
 
   「個人における平和」が出発点

 既に皆様が御存知のように、世界が日ごとに混乱すればするほど、人類はますます平和を渇望
するようになります。では、平和は如何にして達成されるのでしょうか。今日の世界において、
秩序性は既に破壊されて久しいのです。したがって、平和の確立とは、その秩序を回復すること
を意味します。秩序を回復するためには、主体と対象が各自の位置を見い出し、さらに相互間の
統一された関係を樹立しなければなりません。

 平和が望まれているのは、世界的次元だけではありません。平和は国家、社会、家庭といった
次元でも望まれています。人間一人ひとりも同様に、自己の精神と肉体との間における平和を切
望するではありませんか。

 平和に関するこれらの次元のうち、どの次元の平和が最初に確立されるべきでしょうか。「もし
世界平和が最初に碓立されたならば、その基盤の上に諸国家から社会、家庭、個人に至るまで、
おのずと平和が確定するだろう」と考えるのは容易です。

 しかし、これは間違った見解です。実際のところ、平和を確立するために必要な経過は、全く
逆なのです。「個人における平和」が最初に実現されなければなりません。そうすれば直ちに、家
庭の平和がその後に続くはずです。そして個人と家庭の平和の基盤の上にのみ、’社会と国家とせ
界の平和が期待され得るのです。なぜなら、個人は家庭という単位の基礎であり、家庭は社会お
よび国家の基礎となる単位だからです。


  愛の実践による秩序の回復

 指導者たちは「社会と世界の平和、秩序を回復することは、素晴しい機構と優秀な思想を通し
て可能となる」と信しています。しかしながら、人類平和は、これらの手段だけでは決して実現
されません。国際連合という機構や、共産主義、民主主義などの思想体系は、それぞれ独自の方
法で世界平和の実現を計ってきました。しかし、平和は依然として、私たちの及びもつかないと
ころにあり、今や世界はますます混乱の中に陥りつつあるのです。

 個人における平和から始まらなければ、その実現はどれほど時間を費しても、必ず失敗するよ
うになっているのです。では、個人の平和はいかにして達成されるのでしょうか。それは、各個
人が絶対的な愛を持ち、その愛を実践することによって達成されるのです。これは真実です。と
いうのも、愛はすべての統一の前提条件であるからです。統一は愛という基礎の上にこそ可能で
あるし。平和は統一という基礎の上に確立されるのです。

 愛には、相対的愛と絶対的愛とが存在します。相対的愛は、所与の時間と空間に応じて変化し
ますが、絶対的愛は不変であり普遍的です。相対的愛は自己を中心としているので、その時の利
害に応じて変化します。一方、絶対的愛は、いつも他人の利益のために存在し全体に奉仕します
から、それは不変です。絶対的愛は、絶対者の愛に他なりません。したがって、その愛は神の愛
であるに違いないのです。


  絶対的愛は他の利益のために

 相対的愛によっては、統一は決して達成されません。統一が可能となるのは絶対的愛によって
のみなるのです。一個人の精神と肉体は、絶対的愛によってのみ統一が可能なのです。その時に、
平穏、喜び、満足といった感情や「自分は価値あり」との自覚が体験できるのです。平和のため
の標準は、以上のような個人からのみ抽出されます。

 ある家族の親子、夫婦、兄弟姉妹が各自の立場で絶対的愛を実践するならば、その家庭の統一
が達成されます。その家庭は幸福と調和、そして何よりも平和に満ちあふれるでしょう。
 このような平和な家庭によって構成される社会は、平和な社会であるでしょう。社会の内の家
庭が調和的であり、社会の構成員が互いに助け合うなら、社会は間違いなく明朗かつ平和である
でしょう。そこには秩序が確立され統一が獲得されるでしょう。

 このような平和な社会によって構成される国家はどうでしょうか。確実に平和国家となるでし
ょう。ただ、国家は単に社会の集合体ではありません。圃家は、愛の個人と愛の家庭に基づき構
成された有機的組織なのです。その内部では、完全な秩序と統一が確立されていなければなりま
せん。それでこそ真の、国家的平和が実現するのです。

 言葉を代えると、国家であっても、平和を実現し維持するためには、桙の愛を必要とすると言
えるでしょう。国家の基礎である家庭が絶対的愛‥卜桙の愛を中心として結ばれていたとしても、
有機体としての国家も、国民的次元における絶対的愛を実践することができなければ、国家の平
和は成り立ちません。政府と国民は内的に一体化し、外的には隣接諳国家との一体化を成すべき
です。そうすることによって、真の平和が実現されるのです。

 言うまでもなく。世界平和はすべての国家の平和の上に訪れるものです。いわゆる国家利益を
確保する方向に貿易や他の手段の照準を合わせるといったことを止める時……あるいは各国が他
の国々に対して絶対的愛によって奉仕し始める時……さらに各国がこのような国際的雰囲気を一
貫して維持する時……y』のような時には、人類の恒久平和は保障されることでしょう。
 

  真善美の価値形成は神の愛から

 ここで私は、絶対的愛と絶対的価値について述べたいと思います。真善美の価値が形成される
のは、愛という基礎の上においてであります。たとえば、愛の実践は善として評価されます。す
なわち、神の愛である絶対的愛を実践する時、絶対的善が現われるということになります。平和
のために絶対的愛を実践する個人の行為は善であります。家庭、社会、国家についても同様です。
 言い替えますと。平和を実現するためには、個人や家庭、社会、国家および世界は、絶対的真
善美としての絶対的価値をすべて実現しなければなりません。絶対的善の実現は、最も緊急に要
請されています。なぜなら、絶対的善が実践されたら、いかなる自己中心的な要素も、秩序を乱
し破壊することはあり得ないからです。

 真善美の精神的価値は、愛という基礎の上にのみ形成されるので、神の愛を知ることなくして
は絶対的真善美は実現不可能です。これらの絶対的価値が実現されないところには、真の平和は
存在し得ないのです。

 真の人類平和のためには、絶対的愛が実践されなければなりません。また実践される以前に、
絶対的愛とは何であるかを理解する必要があります。「絶対的愛とは、他人の利益のために行動し、
他人に奉仕する愛であり、それは永遠かつ普遍的である」と説明することができます。ではなぜ、
絶対的愛は全体に奉仕し不変のままに維持されるのでしょうか。そして、何故に「平和は愛を通
じてのみ実現される」と言えるのでしょうか。


  創造の動機と目的を知ること

 その答が必要です。しかし、これらの疑問が完全に解かれるためには、絶対者の存在と、絶対
者が宇宙と人類を創造した動機と目的、この二つがまず明らかにされなければなりません。如何
なる計画といえども(絶対者による創造は、この範騁に属する。訳煮弖それが実行に移される前に
は、明確な目的がまず存在しなければなりません。目的のない如何なる行為も無意味であります。

 もし、人類が絶対者によって創造芒れ、絶対者の愛の実践を予定されているとするなら、人間
の創造に対して、何らかの動機と目的が存在していることは確実です。その動機と目的が明確に
されるためには、絶対者、すなわち神に関する正確な概念が確立されなければなりません。正確
な抻概念のもとで、創造をめぐる神の動機と目的が明確にされるでしょう。そして、当然のこと
ながら「。平和を実現するために吭なぜ絶対者の愛が実践されなければならないのか」という理
由も明らかにされるはずです。

 以上のように、真実の意味における人類平和のために、すなわち、私たちが絶対者の愛を実践
し。最終的には絶対者の絶対的価値を実現するためには、絶対者を正確に理解することが必要な
のであります。

                   国際文化財団創設者   文 鮮明