健康を考える   

ここ2年間、皆様にご無沙汰がちになっています。その半分はメインのデスクトップコンピューター
PC)の修復に費やさざるを得なかったことです。昨年マイクロソフト(MS)のスタッフのアドバイスで
PCを奇跡的に復元、ここ1年間、PCは良く働いてくれたが、最近またしばしば不都合を起こすように
なった。メーカーのNECOSの提供元MSのスタッフと相談して復元に大半の時間を費やしてしてきた。
2月24日、小生は、完全な復元の賭けに出だ。結果は、復元は不可能であった。マザーボード(PC
母体)が老朽化していあめであった。NECスタッフは、「この機種は2019年に生産は終了しており、
修理は不可能」とのことであった。MSの忠告を無視した冒険が裏目の出た訳である。とうとうPCを死へ
追いやり、慚愧に堪えない。自らも隔日に通院している身だが、病気との共生をしなくてはならないなと
反省させられた。 実は、この日、小生は、トータルクリニック銀座小林常雄院長と健康相談をして
帰宅したばかりであった。小林医師は西欧近代医療だけではなく、東洋医学の根幹もマスターされて
おり、人体の仕組みついても深い知識がある。PCの修復に完全投入していた小生は、PCの修復は
人体の治療と全く同じであることを改めて深く悟った。人体と同じく、故障したPCは、リフレッシュできる。
いろいろな不都合が生じると、いくつもの修復の手口も学んだ。それは医師が人体の不都合(病気)を
診断し、薬や生活習慣の改善のアドバイスを与えるのと同じである。PCも時には部品を入れ替える必
要があるように、人体も臓器の入れ替えすることもある。我々はいろんなウイルスと共生している。生ま
れながらに備わった免疫性でこれに打ち勝っている。PCの世界でもウイルスに侵されるので、いろんな
防御策、ソフトが組み込まれている。PCを流れる電気、これを統御するOSOperation System)の一
つがMSである。無償のOS、UNIXもある。坂村健(東大名誉教授)氏が開発したTRONは、ビジネス・
オリエンテッドなMSより、OS統合の高邁な精神で作らあた、優れた普遍性のあるOSである。日本の
経済産業省、日本企業が日本発のこの優れた技術を守り切れず、米国通商代表部の圧力に屈した
のは誠に残念である。
 PC
に無駄な機能は一切無い。人体も生まれながらに不必要なものは一つも無い。PCが故障した
り、人体が病気で寿命をち締めるのは、大概、不自然な扱い方をするからだ。現代病と言われる生
活習慣病が蔓延しているのは、如何に我々は、不自然な生活をしているかの証拠である。
 小生がPCと人体構造の類似性に感動をもって悟ったのは、ここ6年余、限りなくPCを愛したからで
ある。人形、筆やペットの供養をする人もいることもうなずける。「PCよ!長年ご苦労さん!いろいろ
酷使してごめんね!PCの修復に力を貸してくださった皆様、ありがとう!」というのが小生の偽らざる
心境である。

   多くの発明、発見は、人体構造(原意識)との相似性、共振の瞬間に忽然と現われる。長年続いたプロジェクトXや夢の扉等の番組の幾多の事例でも明らかである。創造の原理を学問的に探究した市川亀久彌氏()氏は、これを等価変換の原理と呼んでいる。今は、1000人以上の社員を抱え、年商895億の大企業WACOMの元を作った村上東氏(東北大出身)に「コードレス・ペンの発明がどうしてできたのか?」を聞いたことがある。
    多くの発明、発見は、人体構造(原意識)との相似性、共振の瞬間に忽然と現われる。長年続い
たプロジェクトXや夢の扉等の番組の幾多の事例でも明らかである。創造の原理を学問的に探究した
市川亀久彌氏()氏は、これを等価変換の原理と呼んでいる。今は、1000人以上の社員を抱え、年商
895億の大企業WACOMの元を作った村上東氏(東北大出身)に「コードレス・ペンの発明がどうしてで
きたのか?」を聞いたことがある。氏は日夜研究していた折、ある日、帰宅の途上、すでにあたりは真
っ暗になった夜道を歩いていた。後ろから自動車のヘッドライトが照らす。前方の自転車のバックミラー
が反射して赤く光っていた。そこで彼ははたと悟ったいう。 我々は、外の「景色が美しい」と感動するが
、実は自分の中にそれを理解できる要素(原意識・現映像)がすでにあるからであって、感動は外界と
原意識との共鳴、共振現象に過ぎない。「名ピアニスト、名作家、名人。聖人と言われる人々は、自分
の潜在的可能性を引き出さした人々である。」ということである。



  小生は先日、国際ズーム会議にスピーチを依頼され、脚下照顧、無知の知」をメインテーマにプレゼ
ンテーションをした。 現代の危機は人間の既成概念(古いパラダイム)で行き詰まりであること。した
がって問題解決の鍵は、新しいパラダイムを発見することに尽きる。それは、今までの外界に解決を求
めた時代と全く異なり、コペルニカス的転換、文明的大転期にある。脚下照顧、外から内へ、自らに学
ぶこと、すなわち、人体の仕組みに学び、人間生活(自然、社会、精神)の生き方を変えることあること
を深く悟った次第である。5~6年しか持たないPC比べえ、人体はいかに素晴らしい器械であることであ
ろうか?60キロを超す体重の重さも全く感ぜさせず、エアコンよりも優れた体温自動調節をしてくれる。
いかに人間は素晴らしいかを病気になってその有難味を感じるこの頃である。 

                                        大脇準一郎