「世界平和教授協議会と我々の決意」 英文はこちら⇒
  
  1983年12月18日、ソウル・リトル・エンジェルス芸術会館
  「第1回世界平和教授協議会世界大会」より 
       文 鮮 明 

 PWPA設立の動機と使命

 尊敬する世界大会議長、世界平和教授協議会七十二ヵ国議長団の皆様、
 そして韓国の世界平和教授協議会会員教授の皆様。

 今日、この意義深い世界平和教授協議会世界大会において、これまで私が抱いてきた
所信の一端を表明することができることは、誠に喜びに耐えません。今日、この場において、
世界から来られた大多数の議長団の皆様達は、今年十一月末シカゴで開催された科学の
統一に関する国際会議を終えて、互いに別れて何日足らずしてまたお会いしました。

 早急な通報によりまして、それも一週間という間にお集まり下さいと連絡をさし上げた
にもかかわらず、六大州からそれを遠いとも思わず、既存の計画や年末の忙しい
スケジュールを取り消されて、私の招待に応じて下さったことに対しまして、真心から
感謝を捧げるものでございます。

 常識的には理解し難い招待を受け、難しい条件を越え、集まって来られた皆様方の
今回の大会が歴史的なものであり、摂理的な意味があるということを段々お分かりに
なると思うのであります。

 私は、歴史を収拾し、人類の理想を実現する為に、学者達の研究業績と良心的な決断、
そして人類を先導する先駆者的な実践が非常に重要だと当初から考えて参りました。


 絶対的価値基準の定立が急務

 そうして、一九六八年、困難な教会運営にかかわらず、国際文化財団を創立し、
一九七二年から科学の統一に関する国際会議を毎年開催してきております。このような
大会は、個人や宗教団体で主催するものではなく、国家主権の後援の下になさなければ
ならないものであります。

 しかし、誰もこの点に関心を向けるものがないために、まず私自身が実践しなければならない
という信念で、国際会議を開催したのです。そして、今年は世界平和教授協議会がここ韓国で
創立されて十周年を迎える年ともなります。

 今日人類は数多くの危険を孕んでおります。その中で最も深刻な問題は、人類が正しい
価値観を定立し得ずして、思想的な対決と混沌の中で、世界大戦の可能性と核恐怖に
直面しているということであります。このような脅威は、人間の心霊を正しく導いていかなければ
ならない宗教が、自分の責任を果たし得ない間に、色々な政治的経済的欲求を中心とする
体制やグループが、科学的知識を乱用したことにより、一層加速度化されています。このような
脅威は、人類文明それ自体を根本からあやうくしています。

 私は世界平和教授協議会が、人間の知恵の啓発の為に一生をかけて尽力してきた皆様の
知性によって、この危機の時代を転換させて、世界平和の根源を模索する牽引車のような機構が
出来上がることを願って創立したのであります。世界平和教授協議会の究極目標は、平和と繁栄の
為の新しい理念と方法論を探究する勇気ある学者達の献身的な努力によって、正義と調和と秩序の
世界を創造することであります。


 絶対価値の上で平和を実現


 また、世界平和教授協議会は今日の時代に危機意識を持っている学者達や指導者達に、人類が当面している最も根本的な問題を検討するのに必要な資料を提供しなければならないと思われます。

 皆様方が既にご存知のように、十二回にわたる「科学の統一に関する国際会議」を行ってきた間に、その背後には容易なことばかりがあったのではありませんでした。莫大な財政的な負担は中すまでもなく、このような意義あることをしながらも、多くの嫉妬と誤解と耐え難い迫害も受けました。最近においては、皆様方を始めとして、多くの硯学達が積極的に呼応して、世界が段々私の動機に理解を一層深めて下さいますことは、私には大きな慰めであります。

 歴史的に人類は平和を念願してまいりましたが、この地上には相変わらず戦争が存続しております。不幸にも強大国や権力者達は、平和という言葉をたびたび誤用してきました。彼らは平和云々と言いながらも、実際には対内的や対外的に、人々を平和でないものによって苦しめてきました。

 特に共産主義者達は、挑発に専念しながら、「平和」という言葉を口ぐせのように使ってきました。このように「平和」という言葉は、多くの場合において、ただ不義を実現する手段として利用されてきました。

 真なる平和は、知識や富、そして社会的な位置や政治的権力のような外的条件によるものではありません。

 この世では、世界的関心事を公平に判断する絶対的基準がないことから、変化していく世界の中で衝突する利害関係に絡んで、真なる平和維持は不可能であります。

 本当の平和は、ただ「真の愛」の基盤の上に立ち得るものであり、愛の関係は人類を一つにする神を中心とした絶対価値を理解するときにのみ体験し得るのです。


 私の考えでは、世界平和教授協議会はその指向する目標からみて、国際的、汎専門的でなければならず、また未来指向的・実践的知性の機構とならなければならないと思われます。今世紀の人類が当面している諸問題を解決する為には、ある一分野だけで、または局地的処方だけでは解決が不可能であります。国家や地域を超越した相互協力と専門を超越した共同研究が絶対的に要請されているのであります。

 今日の学問は全般的に専門化されており、その課題もまた広大で、特定学者やある学問分野のもとだけで一元化することができません。

 問題の為には、多様な訓練を積んだ専門人達の共同を通した接近が要求され、この接近もまた、個人的次元でなく、全体的宇宙的均衡を合わせてしてこそ、この為の組織的機構や有効な運営が容易となるのであります。

 それのみならず、没価値的な方法論が、学問研究の基準であるように認識されてきた間に、研究の結果が多くの場合において、より大きな上位の目的と善なる意志に背いて、策略家達に利用され、人類の悲劇を招きもしたのであります。このような不条理を解決する為に、私は絶対価値を中心主題とした国際科学統一会議で、その代案を求めようと努力しているのであります。


今後10年へ向けてのPWPA

 絶対価値は諸価値の基準となる為に、すべての学問の中心点になります。万一、専門化された学問が没価値的な方法によってのみ研究され、また人ごとにその価値基準が異なる場合、どこで人類の本性が願う共同理想を実現する基準を求めることができるでしょうか。

 また、人類がどこから正しい生きがいと価値性の保障を受けることができるでしょうか。例えば、自由と言う時、価値基準が異なる個人相互間、社会や国家、また体制相互間にぷつかり合う矛盾、すなわち自由の陰で負わされる不公平な犠牲というものは、どこでその報償を受けることができるというのでしょうか。善を指向する人類の本性を見ても、絶対善の基準が要請されているということが言えるでしょう。また世界が段々一日生活圏に縮小され、地球村をなしています。人類が宗教や人種、国籍を越えて緊密に協約し、調和を達成しなければならない歴史的な当為性を見ても、絶対価値の基準は打ち立てられなければなりません。

 世界が抱いている問題を克服する為には多くの指導者が必要です。私は、全世界の世界平和教授協議会会員教授の皆様方が、受動的ではなく、能動的に人類の理想を研究実現するのに、積極的に参与なさることを望んで止みません。それゆえ世界平和教授協議会は、研究のみならず、世界福祉の為に実践してその手本を見せる機構とならなければなりません。

 この点で、他の多くの学者達の集まりとこの会合は異なっていると思われます。すべての会員は、学生達を積極的に指導するのみならず、社会世論に影響を与え歴史を率いて行かねばならないと思われます。

 私たちすべては、非暴力的な態度で、しかし信念を持って、この時代の最も難しい複雑な、哲学的、社会的課題として、人類が当面している未解決の問題を解決するのに、我を忘れて献身的であらねばなりません。

 世界平和教授協議会の目標である平和実現は、理想と理論の基準からではなく、実質的方法による実践によって到達できる目標です。

 私は、国際文化財団と世界平和教授協議会の基盤を通して、世界大学連盟の理想を抱いてまいりました。今や実現する段階となり、六大州に少なくとも七十個の総合大学を順次的に設立し、商い次元から若い世界を育成、指導するでしょう。大学相互間の交換学生制度、共同研究などを通して、世界性を帯びた教育によって、人類が一つの兄弟となる世界平和の理想を実現しようとするものであります。

 そして、国際文化財団のシニアーコンサルタントには、絶対価値に立脚した大百科辞典編纂計画を既に発表したところであります。現在、権威ある大百科辞典がないことはありません。一貫した価値観に立脚して集大成された新しい大百科辞典は、後進達の為の絶対的要請なのです。私の考えでは、十余年が所要されると思われますが、全世界の世界平和教授協議会の会員達が動員され、この歴史的な作業が成就されなければならないと思います。

 それのみならず、生活を通した大衆教育の為に、世界的な新しい月刊雑誌を八五年一月から刊行する予定で、既にその準備作業が始まりました。一千余頁の膨大な内容が収録されるこの雑誌は、一度見て投げ棄てるような内容ではなく、生活全般にわたって、知恵の泉となる指針書であり、生活教育書になるものと期待しています。

 また、良書を大量出版して、人類社会を底辺から教育する計画を立てました。本の質や内容よりも収益性にもっと力を当てている出版界の現実の為に、よい本が出版される機会が少なくなっています。数年間は膨大な出血をしたとしても、今後十年間に最低三千巻の本を出版する予定であり、既にその作業が始まりました。


 歴史的犠牲をはらった韓国

 それでは、私がなぜ皆様方を韓国に招請して、勝共国民大会と共に、第一次世界平和教授協議会世界大会を開催したかに対して、若干の説明をいたしましょう。

 第一に、韓国は、昔から地政学的に大陸と海洋の橋頭堡である半島国家で、強大国の勢力拡大の為の要新地となって、歴史的な犠牲を払ってきました。現代でも、東西両陣営の要衝地であり、ソ連と北緯の侵略の野望の前に、試練を受ける先端に立っている国です。韓国は共産主義の犠牲物となるか、自由世界の一員として生き残れるかの岐路に立つ、世界的な試験台の上に位置している国です。

 私は、このような韓国の状況を神様の摂理的観点から世界と歴史の縮小体としてながめております。その為に、すべての歴史的因縁と世界的問題が直接間接的にここに連結されており、したがってここでの問題解決は、すなわち全体解決であるとみられます。

 今回このような世界の碩学達が集ってなした宣布は、すなわち皆様の国と世界全体と関連されるものであり、世界的な関心事となり、世界的に波及される影響力を持つようになります。

 第二に、韓民族は五千年の悠久なる歴史を持った文化民族として、早くから敬天思想による豊かな精神的生活をしてきました。我々の先祖達は仏教と儒教を受け入れ、その文化を燦然と花開かせ、長くもないキリスト教伝来の歴史にもかかわらず、今日名実共に世界を代表する情熱的なキリスト教国家となりました。それのみならず、この色々な高等宗教が民族の精神文化の中に溶け込んで、調和ある善なる影響を及ぼしており、現実にもこの土地には諸宗教が共存している特異な様相をみせています。

 本来、敬天思想が強い韓民族の本性を考えれば、無神論の共産主義は韓半島で根を下ろすようになっていなかったと思われます。神様が生きておられるならば、韓民族を立てて、共産世界を打破する模範を世界の前に見せることと私は確信します。


 韓半島の問題は世界の課題

 第三に、韓民族はその気質が活動的であり、奇抜であり、義に酔い、積極的に行動します。韓民族が一般的時代観と歴史の発展推移に鋭敏な反応を見せるのもこの気質の為であります。韓民族がいったん共産主義が悪いと分かれば、ただちに実践行動に移すようになり、実践的な勝共活動は世界を指導する標本運動となるのであります。

 第四に、韓国は東西文化の交流の接合点です。既に皆様が御存知のように、多くの碩学達が西洋文明の未来を悲観的に予測しており、これに対する解決方案として新しい宇宙的・精神的一大転機が到来することを待ち望んでいます。

 西欧社会が東洋に対して段々関心を待って、東洋精神、東洋宗教に心酔しているのも、東西文化の調和・統一が成就されることを予告しているものと言えるでしょう。

 東洋で生まれたレバレンド・ムーンが動機となり中心となって、世界の視学達が人類平和と理想世界の創建の為に、世界平和教授協議会を組織し、科学の統一に関する国際会議を開催し、学界に新しい転機をもたらすことは、以前には歴史になかったことであり、新しい文化が胎動する歴史的な壮挙だと言えるでしょう。

 神様を父母とする「世界一家庭」「人類一兄弟」の理想からみれば、東西洋の最短距離の調和統一体は宗教思想を中心としてのみ可能であります。世界平和教授協議会が真に世界平和を目標とするならば、そして我々すべての兄弟達が学問的な良心と知性を尽くしてこの目標を成就することを願うならば、我々には再決意が必要だと考えます。」


 神を求心点とした絶対価値

 真なる人類平和というものは、価値観が異なる人間相互間の平面的関係改善だけでは得られるものではありません。神を求心点とした絶対価値のもとにだけ真なる平和世界を求めることができるのであります。

 この平和理想に根本的な障害要素は無神論的共産主義です。私は、資本主義も神様が望まれる主義でないことを明らかに教えております。しかし、共産主義は、神の存在自体を否定する為に、この主義は神様主義の前に第一次的な障害となるのであります。

 私はさるシカゴ科学の統一に関する国際会義の時に、既に共産思想を学者達が積極的に防がなければならないと宣布致しました。ある者は皆様方に対して、私の宣布と勧告があまりにも強い表現であると言うかも知れません。流れる時間の中に、昨日と今日が同じように反復されますが、歴史と摂理の中においては節があり、重要な転機があります。いつも反復される時間でなく、決定的な意味を持ち、決断を下す時があるのです。今がその時です。私は人類の将来に対し深く感じることがあって、このように勧告をいたすものであります。


 明確な価値観で後進教育を

 皆様が後援する韓国での今回の勝共国民大会は、皆様の祖国と自由世界至る所で行われなければならない標本となる大会です。自由世界の指導者達が共産主義に対して決断を下し得ず、優柔不断である限り、世界制覇の野望を持っている共産主義の膨張運動は防ぐことができません。

 特に教授の皆様達が、一時的安逸や一身の無事を願って、正しいものと間違ったものを区別し、積極的に証し得なければ、若者達の将来を誰に期待するのでしょうか。教授達の断固たる決心と明確な価値観による後進教育こそが、この時代の要請であるのみならず、教える者の基本姿勢であると言えます。

 この点では宗教指導者と教授達が共通していると思われます。私達は、知識を伝達し、また研究結果を教授するだけでなく、人生を責任を待って教えなければならない為です。

 今日、この席に集った七十二ヵ国代表の皆様方の世界平和の為の世界平和教授協議会の、歴史的目標を達成しようという確固たる決意と、また有神論に立脚した献身的な勝共の信念は、皆様の国のみならず、勝共の世界的な民間連合基盤を構築する決定的な契機となる、と私は確信するところであります。皆様の国と、皆様と皆様の御家族に、神様の祝福が共にあらんことを祈願しながら、私の話を終わらせていただきます。ありがとうございました。


基調講演講演の骨子



英文はこちら⇒

PWPA and Our Resolution by Sun Myung Moon
December 18, 1983
 The First International Congress of the Professors World Peace Academy
The Little Angels Performing Arts Center Seoul, Korea