大脇 準一郎

敵対から融和の時代へ

敬愛する同志の皆様、 

新コロナウイルスの猛威の前に、危機感の高まりつつある今日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現在:NPO法人未来構想フォーラム/地球市民機構共同代表 エネルギー政策フォーラム代表、創生ワールド(株)取締役顧問

履歴:鳥取県八頭郡出身、早稲田大学、SUNY at Albany, UTS,    Hawaii Unv 等に学ぶ。Th.D 専門:電気工学、比較文化

  近代医療は、癌を敵視し、これを撲滅するために抗がん剤、放射線治療をしています。
しかしこの病理学をベースにした近代医療は、治療により母体の自然治癒能力を弱め、かえて
莫大な治療費だけでなく、多くのがん患者を死に追いやっています。
 今、癌を友とし、生活習慣を改善することによってし、完全に治癒させる融合医療が注目を集めて
います。今回、小林常雄医師をお招きし、年頭抱負をお伺いした意図もここにあります。
 小林先生は健康革命、国民運動を提唱されています。 
 このことはエネルギー世界でも言えます。敵を抹殺するために、殺傷力最大安全性を度外した
核兵器が開発されました。原子力の平和利用と銘打った原発も幾多の事故を起こしてきました。
今、fukusima50」の映画が全国で上映されています。危機と真正面から向き合い、如何に克服
すべきか?皆様のご意見をお寄せいただければ幸いです。
 私たち有志は、原爆、原発事故の犠牲者を慰霊する意味もこめて、宇宙の究極的エネルギー源、
核融合へ至る繋ぎとしてトリウム原発の開発に心こころを寄せて来ました。  今こそ、究極の殺傷
兵器、核兵器開発即刻放棄を呼びかける時です。その平和宣言を為せるのは何度も原爆や原発の
被害を被った我が国を置いてほかにありません。核を持つ超大国には決してできることではありません。
また原発反対の声に押されて、核融合への道を諦めてはなりません。日本は核兵器廃絶とともに、
宇宙の究極エネルギーの扉を正しく開くことを決意表明すべきです。
正しいとは、核エネルギー開発
の目的を敵を殺傷する兵器から、共に生きる平和の道具へと切る変えることです。日本は核兵器廃
絶とともに、宇宙の究極エネルギーの扉を正しく開くことを決意表明すべきです。正しいとは、核エネル
ギー開発の目的を、敵を殺傷する兵器から、共に生きる平和の道具へと切る変えることです。戦争の
ための核兵器開発を放棄して、融和へのモラルパワーをアップしない限り、天はその究極エネルギー
の扉を開けることを決して許さないでしょう!  
  今や、敵対から融和の時代、共存・共栄・協議の時代が到来しています。
独り勝ちの自由・個人主義・民主主義社会や、平等・社会主義、全体主義社会も行き詰まり、全面的
危機の時代に突入しています。
 この危機を乗り切るには、新しいパラダイムが必要です。それはABかの二分法ではなく、ABも、
ともに生きる「関係性こそ存在の基本様相である」ことに目覚めること、存在論、哲学革命を意味します。
 我々日本国民は、古来から受け継いだ「和」や「縁(結び)」の伝統に則り、バラバラになった個と個、
諸科学、緊張関係にある国と国を結び、融和するために、すなわち真の世界平和実現のために、
立ち上がる時です!
  同志の皆様へエールを送る意味から、このメールをお送りいたしまた。ご笑納、真摯なご意見を
賜れば光栄です。 
2020年3月15日   NPO未来構想地球市民機構共同代表
              エネルギー政策フォーラム代表
                                   大脇準一郎 
  ~~~~~  注 一 覧  ~~~~~~~~~~~~~~~
「年頭抱負を語る会」より 
 1)「個別病理学から総合機能医学へ:ABC運動を始めよう!」  
    「当日メモ」 (校正中!)
  2) ローバルサミット報告 2020.2.3~5、韓国京畿道高陽市、「KINTEX」(国際展示場)
2、東北震災・福島原発事故追悼!
  「核兵器廃絶・世界平和実現のためのエネルギー開発へ切り替えを!」
 画「fukusima50
 =====================
大脇準一郎研究所: junowaki@able.ocn.ne.jp
180-0011 武蔵野市八幡町3-8-3-201
Cel: 080-3350-0021  カカオ,Line, Skype: junowaki
HP 【連絡版】
【国際農業開発アカデミー