未来構想フォーラム プログラム

http://owaki777.upf.cc/image.gif

 日 : 2016227 PM:2:005:30   地球市民機構 会議室
第1部2020年東京オリンピックのビジョンを語る」2:004:00
開会の辞:  大脇準一郎 地球市民機構副理事長
司 会:   井関利明  慶応大学名誉教授 (社会学博士)
発 題:  「理念なきオリンピックを叱る」     
      野田 一夫 会長 () 日本総合研究所社会開発研究センター
          多摩大学名誉学長、宮城大学事業構想大学院大学初代学長
討論者:    抱 晴彦   劇団 グスタフ社長
     小松 明夫 理事長(財)人間自然科学研究所
     坂中 英徳 所長(社)移民政策研究所
      伊勢 桃代 国連大学初代事務局長
      中川十郎 名古屋市立大学22世紀研究所特任教授
     一色 宏 未来創庵庵主/ロゴデザーナー  ほか
         -----------------------------------------------------------
2部「懇談会:何を為すべきか?」(各自の活動紹介)4:15-5:30

   「芸術を通した東アジアの連携」抱 晴彦社長
      「創価学会の生命哲学と経済活動」 市河 政彦 会長 NPO安全まちづくり推進協議会
  「一村一志のネットワーク」  出雲からの地方創生・アジアの再生
          小松 昭夫小松電機産業(株)社長   ほか    
 閉会の辞  一色 宏 地球市民機構 常任理事
共 催: 地球市民機構【GCI:市民国連NPO法人 安全まちづくり推進協議会
協 力: NPO 法人未来構想戦略フォーラム知恵の輪, ほか
先の東京オリンピックと大いに異なるのは、オリンピックに賭ける熱情の有無です。

このことは東北震災の復興にも言えることです。物が豊かな故に物中心に陥りやすく、利権争いが見え隠れしています。豊かさ故の危機!高邁な精神性の復活こそ, 今、日本が取り戻す時ではないでしょうか!今回、戦後の悲惨な状況を越えて、長年に渡り、気焔を吐いてこられた野田大先輩(88歳)に活を入れていただこうとの趣旨でフォーラムを開催いたします。

発題者の鋭い問題的を受けて、皆様の叡智を結集し、建設的なシナリオを描きます。

  
資料   メモ・所感 音声・写真 動画
                 
日 時:2016年2月27日PM:2:00~5:30

場 所:地球市民機構 会議室(ロータス・ステージビル6F)

 〒164-0003東京都中野区東中野2-22-21 TEL:03-3360-2021, Fax:03-3360-2022
 JR東中野駅西口(三鷹寄り),大江戸線A1, 山手通りを左へ30M, 道路を横断、
 48m高速排気塔前, 「ゲン」の看板有、徒歩3分。地図

発題者:野田 一夫 氏  (財) 日本総合研究所会長,社会開発研究センター会長
                   多摩大学名誉学長, 宮城大学,事業構想大学院大学初代学長

司 会:協力: NPO法人 未来構想戦略フォーラム知恵の輪, ほか

連絡先大脇研究室:Tel &Fax: 0422-26-7980, 携帯:080-3350-0021
     E-mail; junowaki@able.ocn.ne.jp,  Skype,カカオ,Line: junowaki
     〒181-0001三鷹市井の頭2-26-35-120、HP:

世界2月号 レガシー  「オリンピックに理念を!」