「常温核融合を探求する」有識者懇談会のご案内
     『しない、できない、させない』を超えて

 人類は不可能と思われた難局に挑戦し、先人の夢を次々と実現し、我々、現代人は、
便利で快適な社会の恩恵にあずかっています。
  西堀栄三郎、A.ワインバーグ博士ら技術者は、人類の未来に対して概して楽観論者で、
「技術を社会に役立てよう!」と壮大なロマンに生きた方々でした。戦争の兵器として原子力
の扉が開かれたことは、人類の不幸で、未だその負の遺産を拭い去るのに苦労しています。
 他方、これを克服する技術的挑戦も続いています。ウランに代わるトリウム原発の開発は
その一つで、核融合は究極の夢です。先日フランスからベナール・ビゴ ITER国際核融合
エネルギー機構長が来日され、核融合は2080年代実験機を始動、実用化は22世紀になる
との見通しを伺いました。

 文化の世界では良きにつけ、悪しきにつけ先入観が重要な役割を占めるに対して、
科学の世界では検証が決定的な役割を果たしています。現象を説明する仮設的理論
も科学の発展には車の両輪のごとく、重要な役割を果たしていますが、従来の理論に
固執するあまり、現象を捨象してしまうこともあり、実験の失敗が新たな重大な発見に
つながっている事例も多々見られます。哲学の世界でも現象学が注目されたように、
先入観を置いて、事実そのものに直視することは科学者においてはなおさら重要な
ことと思われます。

 シンガポール在住の福田晃一博士とお会いしたのは昨年末のことですが、「常温
核融合実験に成功した」とおっしゃっています。博士の情報は下記のサイトにアップ
準備中です。原子力の未来を拓くために下記ように懇談の場を設けましたので、
ご参席、ご検討賜りますようようご案内申しあげます。

  2018年1月吉日    エネルギー政策フォーラム事務局長 大脇準一郎
                日本ビジネスインテリジェンス協会
                        エネルギー調査部会  永野 和範

               記

名称: 常温核融合を探求する有識者懇談会(第1部)
とき:  2018年2月2日(金)午後2時~4時
ところ:ANAインターコンチネンタルホテル35F クラブラウンジ
    〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33
    Tel:03-3505-1111  アクセス
共催:エネルギー政策フォーラム・Aquarius Energy
協力:日本ビジネスインテリジェンス協会
定員:10名、原子力関係有識者 会費:ご招待(無料)
連絡先: Japan Promotion Agency
   Tel:03-5929-4501 Fax:-4502 HP:http://www.miraikoso.org
   〒166-0004 東京都阿佐ヶ谷区阿佐ヶ谷1-34-6新東京会館5F
    E-mail: junowaki@able.ocn.ne.jp Tel:080-3350-0021 (大脇)
詳細サイト:
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
名称: 投資説明・相談会(第2部)
とき:2月2日(木)午後4:30~6:30 ところ:同上
定員:10名 常温核融合の商品化投資の関心のある方。
会費:ご招待(無料)
* 席の準備の都合上、事前連絡日必須
参考サイト:「トリウム原発は第3の道と成り得るか?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 福田晃一・Chang 水野忠彦   常温核融合 資料